Message from the Mountains

債務整理にもいろいろあります

借金が減ったり、なくなる・・・
もしくは多く支払っていた過ばい金が返ってくる可能性があるなど・・・
一見するとよさそうなコトばかりに目がいきがちな債務j整理ですが、
もちろん債務整理にもデメリットはきちんとあります。

結論からいえば、完済後の過払い請求以外はブラックリストに載る可能性があるといくことです。
特に過払い請求はブラックリストに載らない、といった記述も見かけます。
ただもし過払い請求をしたときに返済金額に残金がある場合などに関しては
任意整理といった扱いになり、ブラックリストに載る可能性もあるんです、、

それと債務整理を依頼した司法書士や弁護士によっては
過払い請求をする前にそれが過払いになるかを調べず、
消費者金融に申し立てをしてしまい、結果任意整理になることが分かった時に
依頼者が断ろうと思った時には信用取引情報に載ってしまいブラックリスト扱いになってしまった。。とういうケースも聞きます。

依頼する相手も慎重に選ぶことは重要ですが、まずはご自身でも調べれること・・・
取引履歴を取り寄せたり等出来ることはされておくことは大切なことだと思います。
債務整理のメリットといえばもちろん借金が減ることですが、
それ以外にも取立てが止んだりすることで精神的にも落ち着きを取り戻し、
生活が安定するなど、様々です。

そこで、どのようなデメリットがあるかまとめてみました。

○財産を処分される
自分の名義である財産を、ある程度処分されてしまいます。もちろんドラマのように何もかもを差し押さえられるということはありませんが、最低限の家財道具を残しぜいたく品はすべて没収、というイメージです。

自分の名義の財産を家族で共有している場合、家族にも迷惑がかかってしまいます。

○ブラックリストに載る
いわゆるブラックリストに載りますので、以降7年くらいはローンを組んだり借金をしたりすることができません。

クレジットカードを作ったり、住宅ローンや車のローン、教育ローンも当然組めないので、生活をする上で不便を感じることが多々あるでしょう。

○債務整理をしたことが公表される
実は、債務整理をした人は実名でリストに載り、そのリストは誰でも閲覧することができます。

普段はあまりそのようなリストに興味をもつ人も少ないでしょうか、自分の名前が載ったリストが誰の目に触れるかというのは予測できません。