Message from the Mountains

AGAについて

AGAという病気を知っていますか?
皆さんの身近にある病気なのですが、病気と認識されていないことが多いのですが・・・

AGAというのは「AndroGenetic Alopecia」の略で、
日本語訳すると「男性型脱毛症」です。

つまり、「薄毛」「ハゲ」のこと。
そう、薄毛も場合によってはきちんとした(!?)病気なのです。

AGA患者は、日本全国で1000万人以上いると言われています。
髪の毛の生え変わりのサイクルが短くなってしまうので、
前頭部〜頭頂部にかけての髪が薄くなります。

AGAの原因は、遺伝や男性ホルモンだと言われています。
AGAは病気なので、もちろん病院で治療することができます。
有効な治療は、プロペシアなどの飲用薬・塗布用薬です。

2005年に日本での使用が許可された比較的新しい薬で、
アメリカやヨーロッパでの効果が証明されています。
このプロペシアは、男性ホルモンが原因とされる、
AGA等の脱毛症に効果のある治療薬として知られています。

一般的にはフィナステリドと知られ、
もともとは前立腺がん・前立腺肥大の治療薬として用いられていましたが、
その副作用的に発毛効果が得られることがわかり、
脱毛症の治療薬に使われ始めたわけです。

このプロぺシアは、2005年に厚生労働省から承認された薬ではありますが、
薬自体の副作用もあるので、その服用には注意が必要です。

個人差はあるものの、一般的に言われているのが、
脱毛(生え変わりを促進するため)、眠気、精力減退等です。

入手方法はある一部の医療機関のほか、個人輸入業者から手に入れることも可能です。
注意点としては、個人輸入の場合は何かあっても自己責任ということですね、、
また、AGAでない薄毛の場合はプロペシアは効果がありません。

しかし前述した副作用などもないわけではないので、
出来れば、専門医療機関での支持を仰ぐほうが良いでしょう。
まずは病院に行って、AGAなのかそうでないのかを判断してもらう必要があります。

ただし、プロペシアは健康保険がききません。適応外、全額自己負担です。
その点は理解しておきましょう。