Message from the Mountains

スワップ投資の魅力

スワップ投資とはFXの運用法の一つで、スワップ金利を利用したものです。
金利が違う通貨の売買によって出来る差がスワップ金利となります。
低い金利の通貨で高い金利の通貨を購入して、持っているだけで金利が得られます。
頻繁な売買は必要なく、簡単にできる運用法で毎日受け取ることができるのが特徴です。

スワップ金利の受払いはポジションをロールオーバーすると発生します。
通貨を買ったまま未決済の状態を「ポジションを持つ」と言い、
売ると取引きが完了したことになります。
「ロールオーバー」は当日に決済されないことで、
決済されるまで翌日、また翌日と順送りになります。

スワップ金利は毎日変動し、金利を支払わないといけない場合もあります。
このスワップ投資にレバレッジを利用すると更に儲けが大きくなります。
レバリッジとは「手持ちの資金より大きな金額を動かすこと」です。
自己資金の何倍もの資金で取引きがすことが出来、
その分何倍もの利益を得ることが可能です。

そのかわり、損失の場合も大きくなるので注意が必要になります。FXの魅力はいくつかありますが、FXの魅力の一つがレバレッジです。
自分の資産以上に投資出来るため、大きな利益、
ハイリターンを受けることが出来るのが大きな魅力の一つです。

これは裏を返せば、大きな負債を背負うことにも成りうる、ということです。
いわゆるハイリスクですね、、
当然のことですが、ハイリターンにはハイリスクがつきまといます。

ですから、特にFXトレードを始めたばかりであれば、
このレバレッジには十分に注意したいところです。
またFXにおいてはスワップ金利も魅力の一つです。
このスワップ金利とは、2国間の金利のことを指します。

金利の低い通貨を売り、より金利の高い通貨を買うことで、
得られる金利差から利益を生み出すことが出来ます。

金利の低い通貨といえば、そう・・・円ですよね。
金利の高い通貨は豪ドル等が有名です。
例えば、円と豪ドルの2国間の通貨で取引をするわけです。

FXのスワップ金利は外貨預金に比べても、
金利が高いので、この金利を目的として、長期運用するのもありでしょう。